裕美温泉BLOG


by hiromionsen

<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アリアエンターテインメントのTOPに早くも「冬恋」の画像があります。12月21日発売とか。ってことはクリスマス頃またイベントが多いのかもしれませんね。・・・しかしお姉さんの曲を作るペースって凄く早いですね。買う方も聴く方も味わうのが大変です・・・。
「佐藤裕美のコミデジ」の告知もされました。関西ラジオではもうヒロミデンパは放送終了したようですが、明日の音泉の放送が楽しみです。

「佐藤裕美のつれづれ日記」ではブロッコリー秋祭りのことが書かれています。私も週末ステージがなかったら行きたかったな。お姉さんだけでなく他の女の子もいるので、いろいろな曲を聴けて楽しめたかもしれません。・・・いや・・・過去になんとか学園祭とかいうイベントを見にヴェルファーレまで行ったけど、なんかギャップがあったから、なんともいえないかなぁ・・・。お姉さん同様、時代を感じてしまいます。

でもですよ。多分30代以降のファン達はみんなそう思ってるんじゃないですか?可愛い歌も聴きたいししっとり本格的な歌も聴きたい、でも最近の女の子達ではちょっと可愛すぎる・・・だからお姉さんの歌を聴きたいんだと思います。多分お姉さんのファンで残っていく人たちは、長く、長く残っていくんだと思う。

さて、話変わりまして。
はっぴの試作品を作ってみました。とりあえずプレーンなものを。
e0063580_2215322.jpge0063580_22152267.jpg


希望としては「裕美温泉」や「秋月」のロゴ等を入れたいのですが、今後の課題ということで。手縫いで作ったのでこんなものでも2時間かかってしまいました。
質問なんですが(誰に?)伝説のピンクのはっぴって、半袖ですか?あと、必要なロゴとかあるのでしょうか?丈の長さは?個人的意見としては、新撰組みたいに長袖で丈も長めの方が、男性の皆さんにはとても似合うのではないかと思うのですが、ペンライトを降ったり腕を上げるのであればちょっと長袖はじゃまかもしれないですね。ご意見お願いします
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-31 22:23 | 佐藤ひろ美さん関連
本日お昼に例の某所市民フェスティバルで歌って参りました。

曲については「時代の無双花」は入っていなかったので、「Angelic Symphony」を歌いました。ご年配の方々の歌謡曲が続く中、この曲での歌だったのでかなり違和感はありましたが、ライブの時よりもリラックスできたし、みんな知らないだろう、聞いていないだろうと思っていたのでかえって楽に歌えたような気がしています。

感想としては、前回同様楽屋裏を経験しましたが、まだまだその場所では何となく落ち着かなく緊張するし、また終わった直後もまた、どうだったかなぁと不安に駆られたりしました。多分回数をこなしていけばまた違うのかもしれませんが、お姉さんもまた同じ気持ちを何度も何度も経験されているのではと思います。

歌謡曲を歌う年配の方と自分とはまだ一緒だと思いたくないし、抵抗が強いのですが、ただ、特設ステージとはいえ、衣装や受付・進行に力を入れてきちんとしたものを楽しくやろうという姿勢は恐れ入りました。それに、歌唱力という意味ではやはり皆さん大したものをお持ちです。レッスン初めて数ヶ月やってきましたので、そう思います。余談ですがさっきなんか美空ひばりさんの歌うときの口の開け方を見て敬服してしまった。いろいろ今まで気づかなかったことに気づいています。

私は今住んでいるこの街が気に入っているので、多分来年も参加しようかと思います。曲は・・・今回の教訓を生かして、アニソンではなく、歌謡曲がいいかなと。できれば客席から手拍子や歌声のの出るような・・・。本日もマネージャーのY氏が来ていましたが、Y氏曰く見ている方がはらはらしたとか。お疲れ様でした。



長々個人的なことを書いてきましたが、さていよいよ裕美温泉の「秋月」ライブ参加の準備に取りかかりたいと思っております。構想としては【ライブ前打ち合わせ】【ライブ参加】【ライブ後打ち上げ】の3つを実施したいなと思っております。応援グッズ・・・はっぴとか必要でしょうか?今回は佐藤裕美さんバースディライブも兼ねているため、裕美温泉としてプレゼントも用意したいとも考えております。ご意見ご希望ありましたら、コメントをよろしくお願いします。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-30 22:43 | 音楽つれづれ考察
タイトルにも書きましたが、「佐藤裕美のヒロミデンパ」の後番組は「佐藤裕美のコミデジラジオ」だそうです。たまたま寝ぼけながらネットをのぞいていたら、音泉の掲示板にそのような発言があり、検索してみると、ブロッコリーインフォメーションで発表されていました。

コミデジって何?ということで調べてみると、コミックデ・ジ・キャラットだそうで、ああ、あのゲーマーズに買い物に行ったら看板とかに描かれているでじこちゃんの雑誌ですね。ということで。先日もお姉さんはブロッコリーのイベントでアシスタントをやったりしていたし、いい感じじゃないでしょうか。ブロッコリーのスタッフになってしまった?!みたいな感じもしますが(笑)

さらに調べてみると、コミデジと言えば今まで、「真田あさみのコミックデジキャラット」という番組があったそうです。音泉でも月曜日更新だったみたいです。今エアチェック中ですが、でじこも出てきてる・・・初めてでじこの声を聞いたにょ~(おいおい)井口裕香さんというアシスタントもいたみたいですね。でもこの番組も27日で最終回となったようです。最終回の番組内で「パーティナイト」って言う曲が流れている。歌声がかわいいなぁ~。ブロッコリーからのお知らせのコーナーもありますね。やっぱりお姉さん、ブロッコリーのスタッフになってしまった?!(笑)

放送日は今までと変わらず音泉で火曜日に流れるみたいです。また、勝手な想像ですが「秋月」ライブにおいても「佐藤裕美のコミデジラジオ」の公開録音を期待できるのではないでしょうか。ブロッコリーやデ・ジ・キャラットのイベント出演も期待できそうだし、今後がまた楽しみになってきましたね。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-29 08:35 | 佐藤ひろ美さん関連
佐藤裕美のつれづれ日記更新されています。アーティストというか、職人と言う感じすら漂う、そんなメッセージでした。サーバーが変わってから、佐藤裕美のつれづれ日記はかつてののDairyとまた少し違って、軽さよりもしっとり感が出たような気がします。それは最近のCDの曲にもなんとなく現れているような気もしますが。シャンプーとかで「さらさら」用と「しっとり」用とが売っていたりするじゃないですか?あれみたいに、少し前のお姉さんの曲が「さらさら=さわやか系」だとしたら、最近の曲は「しっとり=大人系」そんな例えになるのではないかと。

私の仕事は作る仕事ではないので、じっくり時間と想いを込めて制作する仕事というのが、少しうらやましく思います。創作の秋だから何かじっくり作ってみようかな。自分自身は時々人前で歌も歌うんだけどライブ中心というよりは作詞やレコーディング中心という方がいいような気もします。

今日は職場でメンテナンスの担当者が3人来て作業していて、そのうち女性が一人いたんだけど、彼女の作業はやはり細やかで、この作業が凄く向いているなぁと感心してみてしまいました。作り込む仕事は女性の方が向いているのかな。男性も一つの作業をわいわいと他人が入り込めないくらい集中してやっていたりするけれど。結局はその人が楽しめればいい。お姉さんがヒロミデンパで言っていた通り「だって明日死んでしまうかもしれないしさぁ~、そしたら一度きりの人生なんだからやりたいことをさぁ~、やればいいと思うんだよね☆」ということなんでしょうか。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-27 20:59 | 音楽つれづれ考察
本日26日仕事が終わったあと帰り道にCDを買ってきました。
某所スーパー内にあるアニメイトで、最後の1枚でした。買えて良かった。
しかし、仕事帰りに行くのは恥ずかしいくらい若い人が多かった。しかもまたポイントカード2枚ももらってしまったし。

CDのジャケットも「秋月」の曲もも大人っぽくてとても素敵でした。
「秋月」は思っていたよりも激しく勢いのある曲で、パワフルな感じがとてもかっこよく感じました。
また、「秋月」と一緒に、「思春期」のサウンドトラックCDも購入したのですが、この中のお姉さんの曲「SPARK~もどれない季節~」も、すっごく可愛くて歌いやすくていい感じでした。どちらかというと、私はこっちの曲の方がいいかな・・・。でも、1曲目の「SPARK」はスタジオで録音しているから可愛く聞こえるのですが、18曲目の「SPARK」はライブ録音で、声が凄く太く低くなっています。最近経験したことですが、ゲームやアニメの曲は、ライブのマイクで歌うと凄く難しいんです。可愛い声というのは、なかなか貴重な財産ではないかと思います。

しかし、「秋月」はアニメ等のタイアップじゃないので探すのには結構手間がかかりました。置いてあるにはあるのだけど。J-POPの欄にでもいつか「佐藤裕美」という場所を作ってもらって、そこにアニメ、ゲーム、その他のジャンルを超えてまとめておいてもらいたいなぁ・・・。そう思います。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-26 21:37 | 佐藤ひろ美さん関連
今回でヒロミデンパ終わりかと思ったら、次回で最終回だそうです。だけど、形を変えて戻ってくるそうです。形を変えて戻ってくるってどういうことなんでしょうか。とりあえず休止をして改めて時期を見て番組名もコーナーも変えてやるのでしょうか。

以下はヒロミデンパ#55から・・・

「秋月」は白い月をバックに、黒いドレスで素敵に仕上がっているとか。キーワードは【素敵】って感じですね。

バースディライブの販売促進イベントで、ゲーマーズ本店でバースディライブチケットと「秋月」CDを同時にお買いあげの方に、10月29日の代々木アニメーション学院秋葉原校でのミニライブのチケットをもらえるそうです。内容はミニライブ、トーク、握手会だそうです。裕美温泉諸兄は行きますか?私はチケット買ってしまいましたのでミニライブ参加できませんが。CD購入だけでもなんか特典つけて欲しいですね。そろそろイープラスからも振り込め請求書(?)が届いているらしいので、Y氏に入金をお願いしております。

Suger season で春風、夏花、秋月と作ってきて、曲作りが楽しくなったとか。アレンジとか楽しんでいるようで、あぁやっぱりお姉さんはアーティストなんだなぁと思いました。北海道のファンが多いそうですが、あのですね、北海道民のファンがつくと売れますよ。元道民が言うから間違いなし。道民は気候的なこともあり、昔から同人誌とかラジオやネットへの進出が進んでいて、彼らが支えたアーティストは必ず全国区になるんです。そのアーティストは別に道民じゃなくてもいいんです。過去の例では大江千里、KAN、最近では平井堅ですか。来週は「ヒロミ自転車に乗りたい!」の貯金箱を開けて見るそうです。いくら入っているのでしょうかね。

ヒロミデンパ#(シャープ)とかヒロミデンパどっかーんとかになるんじゃないの?という話題が。個人的に大ウケしてしまいました。っていうかそれってありそうだなと。ヒロミデンパマックスハートとかでしょ?!(爆)バージョンアップするたびにメンバーが一人ずつ増えていったりして。

以上ですが、明日が「秋月」のCD発売日です。さすがに仕事なので週末のレッスンのついでに買いに行くことになるかと思います。でもまたゲーマーズに行ったら業界の人と勘違いされたりするのかな・・・店員さんの視線がなんか誤解しているっぽいんですよ。ある意味「裕美温泉のスタッフ」ということで業界の人と自負できなくもないですが・・・。それに多分売れ行き状況もチェックしてしまうだろうし。楽しみにしております。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-25 20:20 | 佐藤ひろ美さん関連

久しぶりにカラオケに

行きました。このところ気分が乗らなくて行っていなかったのですが、仕事のステルス・・・いやいやストレスがたまってきたのでカラオケで解消してきました。

一時間ですが休みなくガンガン入力して歌い続けました。市民フェスティバルで歌う「時代の無双花」そしてカラオケ機器が古かった場合の予備としてエンジェも練習してきました。スポーツみたいなもので、一時間歌い続けてやっと後半で納得のいく歌い方になってきたみたいです。

過去のライブ等の経験からもステージへの慣れとかマイクの使い方とか何より喉慣らしで一時間くらいかなぁ・・・事前に歌っておいた方がいいみたいです。そういえば先週末にパセラに立ち寄ったときカラオケがうまくなる本というのがカウンターに置いてありました。カラオケしないのに買うのもなんかと思って買いませんでしたが。

歌は2コーラスで終了という決まりがあるのですが、お姉さんの曲は2コーラス目の終わりはどうも低くなって間奏に入るので演歌と違って歌い終わりが盛り上がらなくて中途半端です。多分ステージに立ってから実質3分で終わると思います。どんなもんなんでしょうね。まあそれと、ステージ体験は今回でとりあえず終わるので、これからどうしようかなぁとまた燃え尽き症候群になったりしないか不安なのですが・・・。
あ、でも、このステージが終わったら、とりあえず今度の秋月ライブの参加および裕美温泉不定期集会に向けての予定をたてることにします。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-24 22:41 | 音楽つれづれ考察

レッスンを変える話

「佐藤裕美のつれづれ日記」に、はぴねすライブの記事と写真が掲載されています。赤い帽子にミニスカートのお姉さんは凄くかわいいです・・・がんばっていると思います・・・。

来週はいろいろありますよ。まず25日火曜日のインターネットラジオ音泉で「佐藤裕美のヒロミデンパ」は最終回になりますから要チェックです。先週の放送によれば、今後も何らかの形でラジオをやるそうですし、次の番組の宣伝もあるかなと期待しています。そして、26日は「秋月」の発売と、 「思春期」のオリジナルサウンドトラック(OST)の発売です。この中の曲で「SPARK~もどらない季節~」が夏花ライブの音源ということで、個人的に凄く良かったのでおすすめします。この「思春期」の記事がアリアのトップページからは見づらくなっているのでこちらからどうぞ。


ここからは私の個人的な話ですが。
29日は今のヴォーカルレッスンの先生と最後のレッスンをして、30日は某所市民フェスティバルのステージに上がります。30日はお姉さんの「ブロッコリー秋まつり」と重なってしまって残念ですが、がんばってくるつもりです。

レッスンを変えることについては単純なこととはいえ、悩みました。でも、前回の新宿のライブハウスで歌うまでのレッスンのやり方とか、自分の今の歌唱力とかを考えると、もう一度基礎からやりたかったし、先生との相性もあり、変えた方がいいと決心しました。以前習っていた先生にたまたまライブの当日再会して応援してもらったこともあり、やっぱりその先生にまた教えてもらった方がいいと思ったりしたのです。

このへん、何となく、事務所を変えてきたお姉さんに似ているのかもと思ってしまいます。ヴォーカルとか音楽って、一緒にやっていけると思える人とはうまくいくけれども、お互い理解できなければ本当にうまくはいかないみたいです。普段の仕事はうまくいかない人がいてもまあそれなりにかわすんですけどね。同調というのは、とても大切なことみたいな気がします。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-23 20:06 | 佐藤ひろ美さん関連
うー!!!残酷だ!!!一生懸命書いていたこの記事を今一瞬にして消してしまいました。
気力がないので要点だけ書きます。

ヒロミデンパで今回初めて「FLY!」が聴けました。
それと、ヒロミデンパは10月末でなんと放送終了だそうです!!今後は何らかの形でラジオを続けていくそうですが、詳細は次回とのこと。どうなるんでしょうか。

アリアが更新されています。「秋葉原はぴねす!まつり」に参加されるとのこと。この参加条件が凄く厳しくてオトナの裕美温泉メンバー諸兄にはかなり困難が予想されます。→これについて延々と書いていたらパソコンから消えてしまったの。はぴねす!の呪いだわきっと。細部はこちらからご確認ください。ゲームは8800円です。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-18 22:29 | 佐藤ひろ美さん関連
・・・に行ってきました。とにかく、当マルチメディア館のある秋葉原駅昭和通り口周辺は凄くおしゃれになりまして、つくばエキスプレスでやってきたと思われるおばちゃんご一行を始め、カップルや若い女性達でにぎわっております。まだ行っていない方はちょっと行ってみた方がいいですよ。

本題ですが、当マルチメディア館は昔の「デパート」っていう感じでとにかく広いです。本屋さんがあり、文房具屋さんがあり、家電があり、パソコン等があり、上の階にはレストランもありますから終日つぶすことも可能でしょう。(自転車売り場もありましたよ!)

そんな中で、CDコーナーでお姉さんのCD売り場状況を確認してきました。声優(ボイスアクター)コーナーにちゃんと「佐藤裕美」って札がありました・・・が、CDがなんと2枚しかおいてない!しかも一枚はグリーングリーン3でしたが、もう一枚は違う人のCD・・オイオイ・・それで、そのコーナーの後ろにはアニメCD(アニメイティドミュージック)っていうコーナーがあって、そこにはなぜか一枚だけ「新譜!」とかかれた札とともに「時代の無双花」が置いてありました。そこで、とりあえず違う人のCDはよけて、「時代の無双花」を「佐藤裕美」コーナーに置き直そうかと思ったのですが、店員のチェックが厳しくて結局そのままにしてきました・・・。それにしても秋葉原でCD1枚ずつしか置いてないっていうのはちょっとひどくないですかヨドバシさん。ポスターを置いてとまではいわないけど、もうちょっとおいてほしいなぁと思う今日この頃でした。

追記ですが、秋葉原のメイドカフェの存在は知っていたけど、今日徘徊した通りには「メイドシャンプー」なる看板がありました。すごいなぁ・・・ついでにヘアチェックもしてくれるのかな・・・。
[PR]
by hiromionsen | 2005-10-16 21:32 | 佐藤ひろ美さん関連